現実のベトナムでの人材の状況と海外で働く労働者の割合を高めるためにトレーニングの提案

ベトナムは世界の多くの国よりも豊富な労働力を持っている。現在、我が国は総8579万人(57.3%占めている)で労働年齢の4920万人を持って、東南アジアでは第三位のランクで(インドネシアとフィリピンの後)、人口規模では世界で13位である。
二、三十代の人数は、総人口の35%、労働力の61%を占め、約30万人であり、この力は、労働力輸出に従事することができる。ベトナムの労働力の優性形質は若者で、海外で仕事をする労働者の選択のに、非常に肯定的な要因である。


1.    ベトナムの労働力  
労働力の人数について:ベトナムは世界の多くの国よりも豊富な労働力を持っている。現在、我が国は総8579万人(57.3%占めている)で4920万の労働年齢の人々を持って、東南アジアでは第三位のランクで(インドネシアとフィリピンの後)、人口規模では世界で13位である。

二、三十代の人間の数は、総人口の35%、労働力の61%を占め、約30万人であり、この力は、労働力輸出に従事することができる。ベトナムの労働力の優性形質は若者で、海外で仕事をする労働者の選択のに、非常に肯定的な要因である。
労働力の質について:労働年齢の49.2万人のうち、訓練された労働力は唯一の730万人で、14.9%を占めている。全国で学校に行っている者の中では、各レベルの割合は初級1.7%、中級20.5%、短期大学24.5%、大学以上53.3%である。我が国では訓練された労働者の割合が非常に低い、具体的に労働年齢の人口の86.7%が技術及び技能の訓練が受けられていない。特に農村に住んでいる労働力だ。大部分のこの人たちは海外で就職する希望を持っているが、技術及び技能を持っていない割合は92%も占める。

このように、我々の労働力は豊富で、若いが、技術や専門知識など備えていない。現在、全国で労働力の人数は4180万人以上だが、その中の85.1%は技術や技能などの訓練をきちんと受けていない。
労働力輸出に従事する各地方の労働者の特徴について:統計によると労働力輸出に従事する労働者はほとんど北部と中部の農村、高原、ミッドランドに住んでいて、95%を占める。これはノ仕事、ノ言語、ノビジネスマナー、ノ経済力の「4 つノ」労働力である。

2.    提案
世界の労働市場と競争できるようにベトナムの労働者に知識、スキル、言語、ビジネスマナーなどの訓練を受けさせるべきだと思われている。技能の労働者が不足で、労働市場の発展に影響を与えさせている。また、労働力の質を向上のために、政府の訓練用の投資がまだ少なくて、効果が出ていない背景には労働輸出産業は積極的に次のような提案を出している。
外国のパートナーの要求に沿って、必要なスキル及び言語、研修プログラムなど作成する。スキルのみならず、作業中に事故を防止するために労働安全衛生の知識も普及する。また、労働市場の訓練施設の基本特性によって、労働者にビジネスマナーも教えておく。
例えば、日本にて研修を受ける労働者に昼寝の習慣を止めておくこと、時間を守ること、上司の指導をよく理解してからでないとやらないことなど訓練させる。
2008~2010年のパイロットの注文では労働者が訓練を受け、基本的な技能に達成でき、海外のパトナーに受け入れてもらうならば、70%の訓練費用は政府で、残りの30%は企業か労働者の本人で負担するという提案を出している。
この提案の目的は海外で就職の技能労働者の割合及び世界の労働市場との競争力を上げるためである。パイロットの後はレビュー、評価をまとめて、モデルを複製する予定である。
速やかに海外の雇用者の要求に応じる労働力の質及び数量を満たすために、各企業は労働力に訓練用の施設や設備などの投資が進められている。
各地方において政府が外語及びスキルの訓練のに、高級な設備など設置される標準的な労働研修センターを構築させた。
政府は、教師にとってレベルを向上するために標準化が行われ、トレーニング用の施設、カリキュラム、教材や学習などベトナムの技能実習生を受け入れる需要がある各国の投資を求めている。
長期的には、政府が各市場に対しての国家標準を出し、海外へ行く前に労働者の技能の検査が行われる。また、企業や訓練センターの間で労働力の技能やスキルや言語レベルなどの評価システムを設定する予定である。

(出典:dolab.gov.vn)


コメントを残す